災害お見舞い ペットの避難

世界中のあちらこちらで災害が続いております。

日本でも豪雨、台風、地震など今までにない規模の災害です。

ペット火葬アイムも兵庫の海辺にあります。

台風の直撃時は停電でテレビを見ることが出来なかったので

神戸、芦屋、西宮、大阪の海がどのようになっているかを

すべて知ったのは次の日の朝でした。

芦屋の小さな浜辺にもたくさんのコンテナが打上げられており

目を疑いました。

浜辺のトイレは壊れており

浜辺のそばに家屋が海側が壊れている家もありました。

想像以上の力が襲ってきたのが解りました。

 

被害にあわれた方お見舞い申し上げます。

亡くなられ方々お悔やみ申し上げます。

 

又災害の時はペットがいると避難が難しいです。

多頭飼いた又は病人やお年寄りなどがいればどうなるのか・・・

また避難所に行くことがペットのとって必ずしも良いことでもありません。

ペットにとってストレスになることも考えられます。

日頃から災害時にはペットと家族をどう守るかを考える事が大切です。

もし自宅が残り安全であればペットは自宅避難がいいのかもしれません。

猫などは隠れ出てこない時は部屋に水と食料を置きとりあえず家族は避難

ドアには

【ペットが居ます、逃げ出す危険があるので勝手にドアを開けないでください。連絡先TEL番号】

と書いて貼っておきましょう。