人間の石鹸とどこが違うの?

Q ドッグソープと人間用の石鹸の違いは?              

A 犬と人間とは皮膚の厚みや作りが違います。 
ドッグソープはデリケートな肌に合うように優しく作られています。
※ちなみに犬の皮膚の厚みは人間のまぶたくらいです。

Q 人間用と成分は違うの?

A 人間用の手作り石鹸と同じです。

成分は植物性オイルがベースで作られていますが、犬の皮膚に合わせたレシピでつくっています。

 

Q うちの子は舐めてしまう事があるのですが、大丈夫ですか?

A ドッグソープに使用するオイルは食用を中心に品質の良いものを選んでいます。
ガブガブ食べるとかでない限り、犬が舐めても安心です。

 

Q 界面活性剤ってなに?

A 混じり合わない物の性質を変えて混じり合うようにする物です。
たとえば水と油など・・・・
( 混じり合わない物の境界(界面)です。)
※汚れが石鹸の界面活性剤と混じり、それを洗い流すという原理。

 

Q 合成界面活性剤って悪いの?

A すべてが悪いわけではありません、昔に比べて良くなっています。ただ中には皮膚に良くない界面活性剤もあるので、

  もし今皮膚にトラブルがあるのでしたら石けんを試してみるのもお勧めです

 

Q 天然と合成界面活性剤の違いってなに?

A 天然界面活性剤は汚れや水と混じることで、界面活性剤ではなくなります。
ですから、ドッグソープは過度に汚れを落としすぎる事もありません。
シャンプー後は良くすすいで頂く事でリンスも必要なく被毛はフワフワになります。

合成界面活性剤は十分にすすいでも皮膚に界面活性剤が残り、中には刺激を与えたり、皮膚トラブルの原因になる物もあります。

 

Q 動物がフワフワになるのなら人間もドッグソープで洗うとフワフワにあるの?

A 動物と人間とはキューテイクルの形が違うので人間はドッグソープで洗うとキシミが出たり、油分が多く残るため髪全体がオイリーに重くなったりしま  す。

 

Q 汚れを落としすぎるとどうして駄目なの?

A 人間も動物も皮膚には常在菌といって皮膚を守ってくれる菌がいます。
殺菌や除菌効果のあるシャンプーなどで洗うと常在菌までもが洗い流されてしまいます。

すると常在菌のバランスが崩れてしまい皮膚バリアがなくなり皮膚トラブルの原因になります。

 

Q 手作りのドッグソープってどうやって作るの?

A コールドプロセス製法で作ります。
必要以上の熱を加えずにつくるので完成まで約一ヶ月ほどかかります。
大量生産のものと比べると時間と手間が掛かりますがオイルの成分を壊しにくいので
上質な皮膚にやさしい石鹸となります。
Q 苛性ソーダってなに?

A 水酸化ナトリウムという劇薬指定になっている薬品です。もとは海水の塩から出来ています。
強アルカリ(そのままだと皮膚も溶けます)ですので取り扱いにはかなり注意が必要です。

又石鹸は苛性ソーダなしでは作れません。